運動歴ゼロ・喘息もち41歳からのランニング成長録

ふとしたきっかけで、喘息もち41歳運動歴ゼロからランニングを始めたら、どこまで成長するのか???

【喘息他体調不良】3/18 捻挫の腫れ復活w

あれ・・・


捻挫の腫れが引いたから走ってみたんだけど
少しだけ腫れてきた・・・



分かりにくいけど、上の内出血跡の下が膨らんでいる




この膨らんでるところをを
指で押すと、痛い



この痛みは特に変わっているわけじゃないけど
確実に腫れているので
これが引くまでは走れないな・・・




昨日は、あつぎマラソン(10Km)があり
妻が58:10くらいで走りきった



以前の僕なら50分かからないけど
今の僕だと、ほぼ同じくらいか
もしくはついていけないかもしれない・・・



全然練習していない妻についていけないだなんて・・・



と、悲観的に考えるのは止めてww



多少の山谷はあったものの
1年半は順調すぎるほどだったから
2019年は苦難の年だけど



苦難を乗り越える楽しみを味わって頑張りたいね



当面は4/7の芝桜マラソン(10Km)
ちゃんと完走できるようにすること
ペアマラソンなので、目標タイムは
前回の58分ちょっとよりも速い
57分台でゴールできるといいな



去年は、ソメイヨシノも芝桜も同時に満開で
素晴らしすぎるほどの桜だったけど



今年は今週にも開花予想だから
ピークは来週になるだろう



それだと4/7は、さすがにピーク後になっちゃうな・・・



それでも、天気がよく、気持ちよく走れるといいな~




(3/16練習) 苦手な日中ロード 10Km

走れば走るほど記録が遅くなる



走り出して上り一遍の3Kmでエネルギーは枯渇し
折り返して下りになっても、あまり息が戻らず
再び上りになると、しんどさが増し
その先の下りでペースを落として息を戻さないといけないのに
ほぼ戻すことができず
最後の折り返しから2Km程度の徐々にきつくなる上り坂では



走り始めた時に、あまりにく苦しくて止まった激坂



それと同じくらいの苦しさで
走っていて辛さしかない



あの電柱まで上り切れば下りに転じる



何度も何度もそう言い聞かせて



絶対に止まらない
絶対に歩かない




折れそうな心を
何度も何度もつなぎとめるのに精一杯



上りきったときは
よくやった!

それこそ、走り始めたときと全く同じで
自分を自分で褒める



走れば走るほど、タイムが落ちる



この辛さは、当人でなければ味わえない辛さだ




01  6:09
02  5:55
03  6:14
04  5:45
05  6:05
06  5:51
07  6:10
08  6:24
09  6:14
10  5:41


ロード10Km  1:00:34  AVE.6:03




このコースで6分越えか・・・


と、思っちゃうんだけど



逆に、鉄分が補給され
ヘモグロビンが増えて
酸素が正常に運ばれるようになれば



今やっている練習は
高地練習で
酸素の薄いところで練習しているような効果が
あるのではないか?



とも思えるので



必ず今の練習は報われる



タイムは走り始めた初期の頃まで戻ってしまったけど



その頃、どうしても辛くて止まってしまったのが


今は、どれだけ苦しくても止まらないで走れたぞ



辛い時だって
一生懸命やっているなら
後退ばかりじゃないよ




今日も頑張れた
明日も頑張りたい




今日もお疲れさま!!

【喘息他体調不良】3/15 ヘモグロビン推移について

血液検査による
赤血球とヘモグロビンの推移を記しておこう



H29.9.7(会社健康診断)
赤血球数 : 558(10*4/uL)
血色素量(ヘモグロビン) : 15.6(g/dl)



H30.9.6(会社健康診断)
赤血球数 : 502(10*4/uL)
血色素量(ヘモグロビン) : 14.0(g/dl)



H31.2.13(個人病院にて)
赤血球数 : 504(10*4/uL)
血色素量(ヘモグロビン) : 13.9(g/dl)



H31.3.3(献血センターにて)
赤血球数 : 470(10*4/uL)
血色素量(ヘモグロビン) : 13.2(g/dl)



H31.3.6(個人病院にて)
赤血球数 : 476(10*4/uL)
血色素量(ヘモグロビン) : 13.1(g/dl)



一目瞭然とは、まさにこのこと



H29年の9月は、僕が走り始めた月


この3月で、約1年半経ったわけだが



赤血球は558から476へ、約15%減少し
ヘモグロビンは15.6から13.1へ、約16%減少している



赤血球の99%はヘモグロビンなので
当然減少率は酷似する、ということか



これから定期的に、この2つの数値を
献血で追っていきたい



スポーツ貧血のヘモグロビン定義は
多少前後あるだろうけど


https://www.glico.co.jp/laboratory/health_science/sports/sports05_1.html
男性 13.8g/㎗以下



とある



この定義なら、スポーツ貧血ということだから
いくつにヘモグロビンが上がれば
まともに走れるようになるのかを、じっくり検証したい